HOME > 安全への取り組み

安全への取り組み 第43期(2018.9.1~2019.8.31)運輸安全マネジメント

危機管理で目指そう事故ゼロ

【1】安全方針

  1. 経営の最高責任者である社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、従業員への周知徹底を行い常に主導的な立場で輸送の安全を確保するよう行動する。
  2. 輸送の安全に関しての計画、実行、チェック、改善を絶えず行い、従業員の意識及び安全推進体制の向上を計る。
  3. 社長は毎年期末後に運輸安全マネジメントの「自己チェックシート」を活用し、安全管理への取り組み状況を確認・改善を図る

輸送の安全を確保するための事業の運営の方針等

(輸送の安全に関する基本的な方針)

  1. 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。
  2. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。
安全運転宣言

【2】社内への周知方法

「安全方針」を、次の機会を通じて社員に周知徹底し安全意識の高揚に努めます。

  1. 「安全方針」「安全目標」「安全宣言」「安全計画」を毎年、年2回(10月、4月)の全社員会議である「安全講習会」にて全従業員への説明と配布を行う。
  2. 各課定例会議及び研修会において安全宣言の唱和を行い認識を新たにする。
  3. 新入社員に関しては、入社研修時に説明と配布を行う。

【3】安全方針に基づく目標管理

事故削減目標と前期発生件数

 

44期 削減目標

(R1.9.1~R2.8.31)

43期 発生件数

(H30.9.1~R1.8.31)

人身事故

車両
物損事故

人身事故

車両・物損事故

発生件数

目標件数

達成状況

発生件数

目標件数

達成状況

本社営業所

0

5

0

0

達成

7

11

達成

酒々井営業所

0

0

0

0

達成

0

0

達成

旅客営業所

0

0

0

0

達成

0

1

達成

※車両・物損事故は、前期発生件数の30%削減を目標とする。

自動車事故報告規則第2条に規定する事故(前年度0件)

【4】目標達成のための計画

  1. 管理者と運転者との面談定例化の実施計画
  2. デジタコデータに基づく管理と指導の実施計画
  3. 労務管理上の過重労働防止のための計画
  4. 健康診断実施に基づく健康相談の実施計画
  5. 事故事例報告と再発防止発表会の実施計画
  6. 当社の「安全教育年間計画表」に基づく教育、研修実施
    • 新入社員研修、高齢運転者研修、事故惹起者研修
    • 社外講習会、研修会へ積極派遣、幹部社員研修
  7. 事故防止のための部門別活動への支援計画
  8. 無事故優良運転者への処遇改善計画検討
  9. 後方視野支援装置の全車両取り付け
  10. ドライブレコーダーの全車両取り付け
  11. 定期健康診断項目としてSASスクリーニング検査実施

【5】当社における安全に関する情報交換方法

  1. 社長・役員及び安全統括管理者による運転者との意見交換会を状況に応じて年間2回実施
  2. 毎月1回の部門ミーティング時に安全管理者・運行管理者と運転者との意見交換実施
  3. 毎月1回の管理職会議において本社管理部より全社における事故発生状況、情報の報告

【6】わが社の安全に関する反省事項

  1. 接触等の軽微物損事故の場合、現場・管理者から経営者までの事故報告にやや遅れが見られる。
  2. 報告・連絡システム並びに本社管理部の事故状況集約のあり方について見直しが必要
  3. 全社員による事故情報の共有化が一部不十分

【7】反省事項に対する改善方法(PDCAサイクルを積極的に活用)

チェックした結果安全上の問題点があれば機動的に取り組みます

【安全性向上のための計画を作成】 【改善点を整理、対策案を練る】
 
【計画に基づく安全対策を実施】 【実施したことによる効果を評価】
  1. 社長は、「安全方針・目標・計画」の取組状況を今期より毎月1回の取締役会においてチェックし、安全対策上の問題点を把握する
  2. 事故の軽重を問わず管理者による事故状況の把握と本社管理部への即時報告システムを再構築する
  3. 他部署の事故についても全社員が関心をもつよう社内広報を改善する

【8】わが社の事故防止に関する情報

事故防止のための今後の対策

  • 事故事例を仕分け、5つの視点から原因を考えそれぞれ対策をたてる。

    5つの視点とは:ドライバー本人・相手方・環境(状況)・車両(装置)・管理

  • ドライブレコーダーとドライバーからのヒヤリハット事例を収集し、上記同様に仕分けと分析を行い、対策をとる
  • 事例検証内容を全員で共有し、危険予知能力を高めていく